LikeWhat

BeFree 人間として完全に自由の身になる方法を追求するブログです!

モチベーションが上がらない日の対処法

f:id:kojuham:20170110111750j:plain

何か自分の目標に向かって頑張っている時にモチベーションを保つことができなくなることは誰にでもあることです。そんな時に諦めてしまうといつまでたっても目標や夢は実現化されません。ですので今回の記事はモチベーションが下がってしまった時の対処法を少しお話したいと思います。

 

やる気がなくなり始めたらまずは自分がそもそもなんで今やっていることを目標として頑張ろうかと思ったのかをもう一度考え直すことです。自分の夢や目標をなぜもったのかを想像すればその時の気持ちを取り戻すことができ、やる気も同時にまた生まれるでしょう。

 

自分のやろうとしていることの原点を思い出したら次はその目的を達成した時もイメージすることが大事です。そしてこのイメージはできるだけ細かくすることにより現実味も湧きます。自分の目標を達成できた時のことをとてもリアルに想像することはとてもモチベーションが向上します。

 

イメージができるようになれば次は環境です。環境は自分の1日の行動を左右することもありとても大事なものです。色々と身の回りが集中のできないような環境であれば仕事も遅くなりますし、それは結果的には自分が進歩できているとおもいにくくなりモチベーションの低下にも繋がります。僕がよく余計なものを持たないとということを書いているのもこれが理由です。目的一つに集中できる環境を作り上げればそのぶんだけ早くたどり着けると思います。

 

環境の中でも一番大事なのは人です。周りの人からはとても多くのモチベーションをいただくことできます。ですので人は自分を前にどんどん押してくれるためには欠かせない存在だと思います。結局は目標や夢がある時、それをすでに実現化している人物と密接な関係を持つことが一番自分もそうなるための近道となるでしょうことなので、身の回りをどのような人で囲むのかはとても重要な点です。

 

目標や夢は大きく持つことはとても大事です。ですがそれを実現化するためにいかに実現までの道のりを噛み砕けるかも大事です。そうしてコツコツと夢の実現化のために日々のタスクをこなしていく必要があります。逆にこのようなやり方をしなければ夢や目標だけが大きすぎて自分がどこから手をつけていけばいいのかが分からなくなりすぐにモチベーションがなくなってしまいます。

 

以上のことを全てやってもまだだめでしたら休憩することを一番お勧めします。何事も短距離競争でなくてマラソンですが、途中で休まないと疲れてしまいます。目標を達成するためにもチェックポイントにたどり着いたごとに自分に褒美を与えて充電が完了するまで休憩することで、この超長距離レースに勝つことができるのではないかと思います。